2008年02月27日

less

本当は書きたいのです、色々と。

寒さで死んでいた猫の’寅壱’の亡骸は、とても綺麗だったことや

今日、繁華街の歩道で遭遇した翼をもがれた鳥の死体の口ばしには羽毛が絡まっていたこととか、首の骨は折れていたこととか...

オカマの八百屋さんのこととか、

手作りのリンゴジャムの話とか、

将来の事とか、

お気に入りの香りのするハンドクリームをみつけたのに、つけたら肌に合わなくて哀しいこととか、

ヨーガを始めることとか、


語り掛けたいのです、色々と、
自分自身や他人に。

色々書きたいのです、blogにも手紙にも。


でも、
手帳に書き留めたりしておいて、
ふぅーっとため息ひとつついて、
さて、と、PCや紙にむかってみても、

言葉やimageは、口にした途端に
綿菓子のようにシュンと宙に溶けてしまうのです。

なんだか、674〜んです。はい。

単純に、
愛すべき人がいるこの時世を生きている日常が、
大切なんです。
とても儚いんです、それって、日日を営む事って。

言葉にして形にしたら、シュンって溶けちゃう気がするんです。
それを考えると、頭の中がワーッってなって、
窓をあけてPCを放り投げようかなと想ったりします。

嫌なんです。

失うの、恐いんです、とても。

体現的に’死ぬ事’は恐くないけれど、
失う事が恐いんです。


あたしを肯定しながら同時に否定した君は
いったい誰なんですか?


ノルウェーの森の上巻が見当たら無いんです。


明日は資源ゴミの収集日です。
雨に濡れたダンボールは重いだろうね。


もうじき、遊歩道の白木蓮が芽吹くでしょうか?


明日は、7時までには起きます。
おやすみなさい。





posted by 道化師らずる at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。