2007年11月01日

=誰が為に鐘はなるのか・・・=

今、あたしに必要なのは、
ボーダー(境界型人格障害)だとか、強迫性障害だとか、
何かしら理由になる病名や不安を挙げるだけ挙げて、
それにあった薬や慰めではないって、わかってる。

でも、どうしても、何かや誰かによりかかり過ぎちゃう。

見放されたくない、嫌われたくない、なんて、
誰もが大なり小なり持ってる感情だと想うけれど、
極度に、あたしはそれが強い。
極度にそれが強い人だって、世の中大勢いる、って、
主治医にも言われた事も、承知している。

けれど、何気ない一言や、何気ないため息や、
何気なくも何もない一瞬でも、何かを引き金に、
あたしのそれは決壊する。

現在、過去、未来、すべての人、すべての思い出、
すべての夢、希望が、嘘に思えちゃう。
全部、全部、全部、全部、何もかも、太陽もお月様も、
みんなみんなあたしを迷惑がってるって、
綺麗な花も、綺麗な雲ですら腹黒く思えちゃう。
その妄想エネルギーを地球の為に還元したいくらい。

でも、そう考えすぎてしまう己が、1番腹黒いって事なんだ。

誰かのせいにして、何かを理由にして。
我ながらまったく、くだらねぇ・・・。

知ってる、
知りすぎだってくらい自分の性質・人格の酸いも甘いを知った、
この病気をきっかけに自分と本気で向き合うようになれたおかげで。

そしてきっとこれからも、もっともっとまだまだ、
自分の見たくないもの、知りたくない部分を、
自身にも他にも、見ることになるんだ、という心持ちでいる。

正直うんざりして、もう自分ほっぽり出して、
おマ◎コちゃんにでもなって、悲劇のヒロインに成りきって、
生きながらに死んでみようかとも想ったりする。

でも、すぐに、くだらね〜、って、空に唾は吐いて、引き返す。
というか、あたしには、無理。
悲劇のヒロインぶるのはできるけど、
悲劇のヒロインにはなれない、できない、
器用じゃないし、馬鹿でもないから。

おマ◎コちゃんがくだらないんじゃなく、
そんな事を想う自分の品格が、どうしょうもねぇなって、想う。

今のあたしがあたしに求めるべきは、
あたしという、この、「どうしようもなくあたしな」自分を、どう生きるか、
を一生懸命ヤル事だ。


「あなたみたいな人、世の中大勢いるよ。
大概はそれを、それなりに対処してんの。」って、主治医に言われて、
正直、痛かった。悔しいって、想った。
だって「わかってんだよ!!!!!!」なんだもん。

ドクターの言う通りなんだ、本当に。

何年もの付き合いになるドクターは、きっと解ったと思う。
あたしの涙が悔し涙で、思わず「わかってるけど、どうしようもないだよ!!!!」って、
すがりつきそうになる自分を否めないあたしがいるってことを。

そして、だけれど、それをせずに、客観と主観を整理して、受け止めて、
「それでも日常は、変わらず続いてくから、生活してくよりしょうがないんですよね。」って、
言ったあたしが、明らかに、以前より成長し、人として社会生活を営んでいく為にいる、って事も、
淡々と、見ててくれたはずと、想う。

淡々と、人として、(まぁ、医者としてなんだろうが)当たり前の正論を、
淡々と涙を流すあたしにむかって、投げつけるドクターを、あたしは信じてる。
そして、診察室を出て日常へ戻っていく時の、あたしのちいさな決意も、
「うむ、はい、、じゃ、また来週様子を聞かせてください」と、
淡々と、横目に見ている(診ている)ドクターを愛してるとも想う。

クォン・サンウ似のイイ男だからね〜、でも新婚さんらしいんだよね〜、ちぇっ(ノ*・ω・)ノ
って、そういう愛じゃなくって、
人間として愛して、自分にとってかけがいのない大切な存在だってこと〜。

でも、主治医という存在は、自分にある人間関係の中で、
あたしの事をよく解っているけれど、1番遠い他人といえる。

「利害関係」ではないけれど、
言ってしまえば、
あたしが都合の悪いことを言われて「こんな医者ヤブだ」って、
理不尽に訴えることだってできるし、
逆に、医師の方が、「あなたにつける薬はありません」って
受け入れを拒否することだってできる。
(そんなことは、理不尽な場合も、正当な場合も含め
今の世の中しょっちゅうある事なのだろうが)
実際に、あたしと主治医の関係にも、上記のような状況もあった。

だけど、あたしは、ココロから主治医を信頼してる。
だから、何を言われても、信じられる。
何があろうと、そう信じられる自分だけは、信じていたい。

以前に、友達と話した事もあったな、「ドクターと患者の関係って主従関係みたいだよなw」って。

確かにそう、
あたしが逃げだしたとて、主治医はあたしを追いかけてくれたりなんてしない。
そしていつ放任されたっておかしくない。
放任されたら、途方にくれる。
主治医に見捨てられることが、何より怖い。

でも、嫌われたり見捨てられたりしたくないからって、
主治医にイイ顔したり、状況を嘘ついたりしたら、意味なし。
嘘はつけない、みっともなくても、
できる限りのあたしの情報の本当を話す。
あーだこーだ言って薬を増やしてもらおうともしない。

何も意味がないから。



薬が補助的な役割なように、
友達や家族、愛する人たちに、少しずつ少しずつ手伝ってもらいながら、
自分で、自分を生きてこうとしなくっちゃいけないんだ。

もう、こんな決意、腐る程した。

でも、もっかい、改めて、

「自分で自分の孤独を抱えてみろ」
「悩むな、考えろ」
「笑う努力しろ」
「走れ、歩け」
って、ある人達が言ってくれた言葉を肝っ玉に刻み込んで、墨入れて、
今日からまたやってく。


何度でも、やってく。


どすこい!!!!!!!!
我があたしよ、どんとこい。







posted by 道化師らずる at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病・入院・療法・療養・経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。